YouTubeを始めよう【前編】

今回はYouTubeを始める前に、理解しておくこと、準備方法などのYouTubeについて徹底的にご説明、ご紹介させていただければと思います。前編と後編に分かれています。今回は下の5つについてです。早速参りましょう。

1.なぜやる必要がある?YouTubeの重要性
2.大きなマスを狙うな!チャンネル準備
3.最重要は視聴者維持率!YouTube studioの理解
4.人は感動で動く!コンテンツ制作のポイント
5.クリック率38%の上昇!タイトルの付け方
YouTube

1.なぜやる必要がある?YouTubeの重要性

・比較時代に重要なメディア
・自分の人間性を発信する
・興味がある人が見に来る

現代は商品やサービスで差別化は図れません。
人で差別化を図る時代です。人は人に集まります。
人間味を発信できるコンテンツがYouTubeです。
興味がある人が見に来るので、ニッチなジャンルを攻めるのも有効的です。

YouTube出口戦略

YouTubeを始める上で出口戦略を考えて始めましょう。
※出口戦略:上手くいってない状況において、できるだけ傷が浅い状態で撤退するための戦略

・フォロワーの活かし方
広告費を当てにしてはいけません。広告費が0だったとしても、出口に結びつけることをしなくてはならないです。「YouTubeでは稼げない」というマインドが重要です。

・起業の仕方
集客してから起業をする時代に変わっています。
YouTubeで集客してから起業をしましょう。

・営業が不必要
営業がいらなくなります。YouTubeが自動集客/無形資産になります。
YouTubeはあくまでも集客ツールとして活用しましょう。

 

2.大きなマスを狙うな!チャンネル準備

チャンネル方針を決めていく中で重要なPointを3つご紹介します。

①ニッチなジャンルを狙う

大きなマスではなく、コアなファンをつけましょう。
エンタメ系などはレッドオーシャンです。必ずどこかに需要はありますので、ニッチなところを攻めていきましょう。

②動画クオリティや企画

動画の質よりもまずは本数です。
FBを調整して、修正をかけましょう。

ネタ切れしたら同じことをしてもOKです。少し変えれば何も問題ありません。
なぜなら、人間は2時間で42%、2日で74%忘れます。
なので、FBで受けた内容を修正し、もう一度同じ内容を投稿しましょう。

③話し方が最も重要

YouTube上ではキャラクターになりきりましょう。
YouTuberは全てがやらせだと思うと良いでしょう。

こちらの3つを意識した上でチャンネル方針を決めていきましょう。

チャンネル方針が決まれば、次は編集です。
編集をする上で重要なPointを3つご紹介します。

編集

①15秒のイントロを作成

最初の離脱率を下げるためにイントロは重要です。そのイントロも15秒にしなくてはいけません。
なぜなら、人のアテンションが十分獲得できるのが、15秒です。
その15秒間に詰め込み、続きを見たいようなイントロ作成に力を入れましょう。

②CTAの設定と誘導

call to actionでしっかりと誘導することです。
※call to action:訪問ユーザーにコンテンツを一通り読んでもらった後、実際に申し込みなどの行動喚起のこと
YouTubeでは、自分の関連動画を見てもらうことなどです。

③サムネイルが重要

結局見られないと意味がありません。
サムネイルを作成する上で重要なことが3つあります。

・プラットフォームカラーを避ける。
YouTubeであれば、赤・白以外です。
プラットフォームカラーはあまり印象に残らないのでやめましょう。

・カメラ目線の人物を入れる。
人は見られていると無意識に見てしまいます。
広告なども商品を前面に出すのではなく、商品を使っている人を使いましょう。

・誇大で良いからとにかくCTR(クリック率)を意識。
とにかく見られることが大事なので、大袈裟にサムネイルをしても良いです。
全くの嘘は良くないですが、大袈裟ぐらいのサムネイルがちょうど良いでしょう。

 

3.最重要は視聴者維持率!YouTube Studioの理解

YouTube Studioとはアナリティクス(分析)です。ここで注目する部分は3つあります。分析

①エンゲージメント

いいねが高いとおすすめにでやすいです。

②クリック率(CTR)

サムネイルとタイトルが重要です。
どんなに良い動画でもクリックされないと意味がありません。

③視聴者維持率

イントロや話の内容やコンテンツです。

最重要は視聴者維持率です。視聴者の離脱箇所を確認して改善を図りましょう。
改善して、全く同じ内容の動画でも大丈夫です。前でも話したように人間は忘れっぽい生き物だからです。視聴維持率に注目し、アナリティクス(分析)を行いましょう。

◆流入経路の確認

・流入元の確認
強化すべきポイントを見つけましょう。

・回遊率をあげる施策(CTA)
自分の他の動画に誘導させないといけません。
とにかく自分のチャンネルでの時間を増やす施策を打ちましょう。

・各SNSとの組み合わせ
それぞれのSNSの役割(Advolume)
YouTubeは広告にしません。人間味のあることや情報を発信しましょう。
広告はInstagramのストーリーの1/5で出しましょう。
YouTubeの目的は深いファンを作ることです。
Instagramの目的は「深いファン達が自分の出口に行ってくれるファンを作ること」です。

 

4.人は感動で動く!コンテンツ制作のポイント

コンテンツ制作において「チャンネルの大枠」「コンテンツの内容」が重要です。動画

チャンネルの大枠

・プログラム動画
エンタメ系とは違います。エンタメ系は子供が多いです。
「しっかりと出口戦略をしている」「自分のやりたいことに沿ったチャンネル」などのビジネスとして利用できるチャンネルを作りましょう。

プログラムは1話2話3話・・のような形式です。
Netflixの戦略と同じです。次のストーリーを気にならして課金さる戦略です。

注意点としてプログラム型の動画をあげた際は、プレイリストを作りましょう。
「これは続いているんだな」とわかるものが望ましいです。

・エモーショナル動画
人は論動ではなく感動で動きます。
結局、面白いコンテンツや学べる動画だけではいけません。
その人に心を動かされるなどの感動動画がいります。

・ライフスタイル動画
人間味と親近感が必要です。
YouTubeでもInstagramでも人間味を出していきましょう。

コンテンツの内容

・人が集まるポイント
「共感・知識・憧れ」です。
人が何か動くには共感があるからです。
知識は人が言っていることをTTPすると良いです。

◆三大コンテンツ

①指定型コンテンツ
こうした方が良いではなく、こうするべきと伝えましょう。
②等身大コンテンツ
彼でもできるなら僕でもできるとなり、視聴者は見ます。
③エンタメコンテンツ
エンタメに情報を載せます。

⑤クリック率38%の上昇!タイトルの付け方

タイトルだけで38%のCTR(クリック率)が増加します。
なので、タイトルは重要です。タイトルの付け方をこちらでご説明していきます。上昇

KWをタイトルの1番前に

プロバリスタから学ぶ!ラテアート5つの作り方
→ラテアートの5つの基本!【プロバリスタから学ぶ】

具体的な数字をいれる

ラテアートの5つの基本!【プロバリスタから学ぶ】
→ ラテアートの5つの基本!【プロバリスタから学ぶ】10人中9人が5分でできた!

SEOで上位表示【プロマーケターが教える】
→SEOで94%が改善した上位表示方法【元Googleプロマーケターが教える】2020年最新

数字
最新
権威
タイトルにこの3つをいれておけば問題ありません。
そしてKWを1番前に入れましょう。こちらのことを意識してタイトルをつけていきましょう。
以上がYouTubeを始める前に重要な5つのPointです。
準備方法や基礎知識、テクニックなどをご紹介させていただきました。
後編は集客方法や戦略、視聴維持率などもっと難しい内容になります。
次回も是非お楽しみにしていただければと思います。ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました